忍者ブログ
ひとりごと メモ帳がわり スペイン語のレベルは中級レベル。 教科書みたく正しいことばかり書いてあるとは限りませんので注意。
[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

揚げ物で使う衣。厚いほど美味しくなるような気がする。具がコーティングされるので、具の汁が逃げないし、保温効果が上がるし、衣そのものの味を味わうことが出来る。

例えば豚カツ。

・豚肉に塩こしょうをして、軽く小麦粉をふる。
・小麦粉に牛乳と卵を解いたものに、少し水を足して混ぜる。
・ボールにパン粉を十分入れておく。

ここからが問題。
どうやれば厚い衣に出来るか?
今のところ完璧なやり方が見つかってない。
とりあえず今のやり方はというと、

液が入ったボールに肉を漬ける。
菜箸でそのままパン粉入りのボールにそっと入れる。
すぐに、おにぎりを握るように、四方八方から圧力をかけて、固める。
強すぎると、ぶにゅっと液がはみ出てしまうので注意。
圧力が弱いところからはみ出てしまうので、均等に圧力を掛ける。
置いて時間が経つと、液が肉から垂れてしまい手遅れになるので注意。

課題としては、上の面は結構厚くなるのだけど、下の面が比較的薄くなってしまう(上2mm、下1mm)。
箸で持ち上げた時点で垂れ落ちてるからだ。
重力には逆らえない。
一体どうすれば?

豚カツの名店のものは、もっともっと厚い気がする。
両面3mmぐらいにしたい。
しかもサクサクではなく、柔らかめのが目標。

やっぱりスピードは大事だよなあ。
1秒ぐらいでパン粉ボールに移動。
それと、液にもっと粘り気を持たせたらいいのかもしれない。
ゼラチン?寒天?

菜箸の部分だが、液がはがれてしまう。
爪楊枝を使ってる人もいるけど、スチール棒みたいな、さきっちょがL字に曲がってて鋭利なものがないかな。
肉をぶら下げると、肉が切れちゃったりする場合もあるんだよなあ。
2点支点で平行に動かす必要がある。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/24 ハタ坊]
[05/24 ハタ坊]
[05/02 アクア]
[04/26 annonymous]
[04/25 ハタ坊]
最新TB
プロフィール
HN:
ハタ坊
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © ハタ坊の巣床 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]