忍者ブログ
ひとりごと メモ帳がわり スペイン語のレベルは中級レベル。 教科書みたく正しいことばかり書いてあるとは限りませんので注意。
[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [142]  [141]  [140
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

元工作員・金賢姫の視点で「大韓航空機爆破事件」がドラマ化

 1987年11月に大韓航空の旅客機が、飛行中爆破テロに襲われた「大韓航空機爆破事件」が、実行犯の元北朝鮮工作員・金賢姫の視点で描く特別ドラマ 『大韓航空機爆破23年目の真実』(29日後9時 TBS系)として放送されることがわかった。これまで同事件を扱ったドラマはあったが今回、金元工作員に11時間にわたる異例のロングインタビュー敢行 し、彼女自身の視点で描くのは初。金元工作員「今…思うと、人間性とか、罪悪感とかそういう感覚は麻痺していました」と涙ながらに明かす。

乗員・乗客115人の命を一瞬にして奪った大惨事から23年が経過。同番組では「大韓航空機爆破事件」、さらには「拉致問題」がどのように実行されたの かを金元工作員を元に再現ドラマとして制作された。「ロボットのようでした。頭はカルトに洗脳され、体はロボットのように“やれ!”と言われるままに行動 していた…そういう人間でした」と語る金元工作員。

また同インタビューでは、「日本人化教育」先生役だった拉致害者・田口八重子さんと過ごした日々を回想。教育の一環として教わった「赤とんぼ」や歌謡曲「秋桜」などを「今でも覚えています」と自ら口ずさんで一幕も。

現在は、自身のボディガードを務めた男性と結婚し2人の子どもを授かり、人目を避けて生活している金元工作員。TBSは4年間に渡り交渉し今回のロングインタビューが実現。自らが明かす“23年目の真実”に注目したい。
www.oricon.co.jp/news/confidence/82133/full/

Yahooニューストピを見た瞬間、どうせTBSだろと思ったがやっぱりそうだった。
VIP待遇の日本滞在のときもTBSがひとつ噛んでいたと勘ぐりたくなる。TBSは北朝鮮の息がかかった放送局と聞いたことがある。
このドラマも、対北の印象を緩和する目的があるのだろうな。
美人は得という教訓を残した事件だった。これがブッサイクな工作員であったら、韓国民の同情は起きなかったし、結婚できたかも定かでない。115人もの命を奪ったことは、十分に死刑に価しただろう。
それとまた許せないのが、当初日本人名を騙っていたこと。同行した男も日本人の男の名前を騙っていた。日本のせいにされる恐れがあった。取り調べで、キムは次に中国人を騙った。結局つめが甘かったせいがあり、見破られた。
韓国もドラマを作ったことがあるらしい。題名『真由美』。おいおい、ゆとり韓国人が誤解するだろう。本名をタイトルにしろや。
このドラマが放映されたら、北朝鮮、韓国共に見るだろう。反応が知りたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/24 ハタ坊]
[05/24 ハタ坊]
[05/02 アクア]
[04/26 annonymous]
[04/25 ハタ坊]
最新TB
プロフィール
HN:
ハタ坊
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © ハタ坊の巣床 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]