忍者ブログ
ひとりごと メモ帳がわり スペイン語のレベルは中級レベル。 教科書みたく正しいことばかり書いてあるとは限りませんので注意。
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

光の道構想:大きく後退 NTT分離見送り

 

2010年11月23日 15時44分

 15年までに超高速ブロードバンドを全世帯に普及させる「光の道」構想を協議する総務省の作業部会は22日、NTTのアクセス回線網の分離・別会 社化を見送る最終報告案を大筋で了承した。分離・別会社化はソフトバンクの孫正義社長が提案し、同構想の最大の焦点になっていたが、現実重視の結論に落ち 着いた。また、普及目標時期については、旗振り役の原口一博前総務相の交代を受け、最終報告案には明記されず、NTTも早期の普及に慎重姿勢を崩していな い。構想は大きく後退することになった。【乾達、赤間清広】

 「安く、早く全国に光回線を提供するという我々の案で示した目標が実現できない。日本が情報革命で後れを取ると、50年、100年後の人たちが困る」--。傍聴したソフトバンクの孫社長は作業部会終了後、不満をぶちまけた。

 約1年の議論の焦点は、NTTから光回線などのアクセス回線網を分離するかどうか。アクセス回線は、電話局から各家庭を結ぶもので、NTTは、ほ ぼ唯一の提供事業者。KDDIやソフトバンクなどの他の通信事業者は、ほとんどの場合、NTTからアクセス回線を借りてブロードバンド接続サービスを提供 している。

 ところが、回線設備を持ち、貸し出す立場のNTT東日本、西日本は、自らが提供する接続サービスの営業を一体で行っており、他事業者からは「公平 性が保たれていない」と批判が強い。急先鋒(せんぽう)のソフトバンクは、NTTのアクセス回線網を分離・別会社化し、政府と通信各社が共同出資し、5年 間で電話回線をすべて光回線に置き換える案を主張した。

 作業部会は、事業者間の競争を活発化する必要があると認め、アクセス回線部門をNTTグループ外へ分離・別会社化する案、現体制のままサービス部門との機能区分を厳格化する案などを比較・検討した。

 別会社化案は、公平性の確保には有効な一方、NTTの株主利益を損ねたり、2年程度の時間がかかるとして見送った。特にソフトバンクが示した光回線の整備計画は、事業性や技術面の不確実性が高いとした。

 そのうえで、金融商品取引法などを参考に、人事、情報、会計などの業務部門間の壁を強化する機能区分案を「最も現実的かつ効果的」と結論づけた。

 一方で、最終報告案は、8月の中間報告に盛り込まれた15年の構想実現という目標には言及しなかった。NTTも光回線普及の目標を示しておらず、 作業部会メンバーからは「NTTに目標を出させ、達成できなかったら別会社化を検討するようにしないと、5年、10年同じ議論を繰り返すことになる」(経 済評論家の勝間和代氏)と、時期の明示を求める意見も出た。

 ただ、15年の目標は、原口前総務相が作業部会の議論を先取りする形で設定し、これにあわせて孫社長がNTT分離・別会社化案を提唱した経緯があ り、原口氏が9月に退任したことで、最重要課題としての意味が薄れた面もある。作業部会のメンバーの一人は「原口氏の肝いりで走り出しただけに、重しが取 れた状況で踏み込んだ結論は難しかった」と振り返る。

 ◇高額接続料がネックに

 最終報告案は、光回線網を独占的に握るNTTに対し、接続料の引き下げを求めた。09年度末時点で光回線のインフラ整備率が91.6%に達してい るのに対し、利用率は33.4%に低迷。この要因の一つに高額の接続料の問題があると判断した。利用率の向上には使いやすい料金体系の確立が不可欠だ。

 NTT東日本のケースでは、光回線を使ったブロードバンドサービスの月額利用料が6510円(09年度末時点)なのに対し、電話回線を使った ADSLの利用料は3538円。全国網が完成している電話回線と違い、光回線は接続料に設備投資負担を上乗せしていることが要因だ。光回線の未整備地域を 解消するには、さらに1.5兆円の追加投資が必要との試算もあり、利用料金の引き下げは簡単ではない。

 実際、最終報告案でも、接続料の引き下げで市場競争を活発化することで、消費者が支払う利用料の軽減につなげる道筋は示したものの、引き下げ幅や時期など具体策には踏み込めなかった。

 現状の枠組みの中で料金体系を抜本的に見直すには、公的資金の投入など新たな方策が必要となりそうだ。

mainichi.jp/select/today/news/20101123k0000e020031000c.html

なんだとーーー!
せっかく期待していたのに。91%の世帯には光回線がきていて、利用出来るようになってるという。
うちは残りの9%かよ(さっき調べた)。搾取だな。下り1Mしか出ず、ブチンブチンとリンクが切れる回線を使わさせられて、10倍20倍の速度が出る連中と同じ料金を払っている。クソ!
光になれば、光になりさえすれば、皆平等になるんだぞー!
NTTは1.5兆円のコストのために渋っている。NTTが独占している。
じゃあソフトバンクや他の会社にやらせりゃいいだろ。やるっていってるんだから。そうすりゃ、うちにももしかしたら光が回ってくるかもしれない。
そんな辺鄙なとこじゃないぞここは。隣の市、いや5kmも離れていない同じ市の地区には光が来てるんだぞ。
なんなの!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/24 ハタ坊]
[05/24 ハタ坊]
[05/02 アクア]
[04/26 annonymous]
[04/25 ハタ坊]
最新TB
プロフィール
HN:
ハタ坊
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © ハタ坊の巣床 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]