忍者ブログ
ひとりごと メモ帳がわり スペイン語のレベルは中級レベル。 教科書みたく正しいことばかり書いてあるとは限りませんので注意。
[37]  [36]  [35]  [34]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

基本自分の日本語は英語の直訳文体が基盤になってるんだよね。オリジナリティーを出すセンスもないし、その努力も払ってない。恥ずかしながら。

大学受験のとき英語と現代文を同時進行させて勉強してたんだけど、書く力をつけるのに初級レベルの英語がとても役に立った。英語の学習では、文章を理解するのに最低限必要な、主語や述語や目的語を探したり、何が不要な言葉なのかとか、重要なキーワードを見つけるコツを身につけられた。これは現代文も同じなのだが、英語の方が却って「ナメ」がない分、全力で理解しようとしたから成長が早かったな。

助詞「~の」

で本題に戻ってと。
日本語の助詞の「~の」の使い方にとても気を使う。助詞「~の」は便利な反面、多用しがちで、多用しすぎるとバカっぽい文体になるし、読む方に分かりにくくさせてしまう。助詞「~の」は他の表現でも代用できる。なるべく助詞「~の」を避けるようにしている。

一番避けたいケース

・「~の」の多重表現
(例) ~の○○の△の・・・

外国語を翻訳するとぶち当たる時がよくある。
英語もそうだったけど、スペイン語に多かった。なんかハメじゃないかと思うぐらいに多重使用しか考えられない原文とかあった。
他の助詞「~において」とか「~で」とかを代用したり、主語述語で主節に変換したりして訳文を整えた。
スペイン語はほんと日本語に訳しづらい表現がちょくちょく出てきて困る。単に理解できてないだけかもしれないが(笑)

日本語の文章を書くときでも難しいテーマだったりすると、助詞「~の」を多用しがちになる。
薄っぺらな知識しかないのに議論に参加しようとすると、どっかで覚えた専門用語や抽象語持ち出して文にしようとするので助詞「~の」が多くなる。

なるべくSVO(C)に分解して理解していこうっと。



課題
・句読点のセンス
・華麗なる段落分け
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/24 ハタ坊]
[05/24 ハタ坊]
[05/02 アクア]
[04/26 annonymous]
[04/25 ハタ坊]
最新TB
プロフィール
HN:
ハタ坊
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © ハタ坊の巣床 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]