忍者ブログ
ひとりごと メモ帳がわり スペイン語のレベルは中級レベル。 教科書みたく正しいことばかり書いてあるとは限りませんので注意。
[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

父親が違う双子誕生…ポーランドで世界7例目

 

スポーツ報知 12月30日(木)8時0分配信

 ポーランドで生まれた双子が、それぞれ別の男性を父親に持つことが分かった。世界で7例目の珍しいケースだという。

双子は男の子と女の子。母親の女性がDNA鑑定したところ、男の子の父親は夫であることが判明。しかし女の子の父親は別の男性だと分かった。

地元紙などによると、排卵している女性が短時間に2人以上と性行為すると、父親が違う二卵性双生児の出産は可能。母親は結婚しながら、夫以外の男性とも 交際していたという。母親は出産後に離婚を申し立てたが、夫が自身の息子への養育費の援助を拒否したため提訴。現在は母親と恋人男性、双子の4人で暮らし ているという。

1983年に国内初の体外受精を実施したスズキ記念病院の鈴木雅洲院長(89)によると、排卵した卵子の寿命は約24時間で「同じ日か翌日に違う男性と 性行為したんでしょう」。また、子宝に恵まれないカップルが体外受精する際、父親の精子に別の誰かの精子が紛れ込んでしまうケースもまれにあるという。

--------------------------------------

こんなこともあるのか。最後のフォローがいいね。乱交というわけじゃないかもしれないよという配慮が。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/24 ハタ坊]
[05/24 ハタ坊]
[05/02 アクア]
[04/26 annonymous]
[04/25 ハタ坊]
最新TB
プロフィール
HN:
ハタ坊
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © ハタ坊の巣床 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]