忍者ブログ
ひとりごと メモ帳がわり スペイン語のレベルは中級レベル。 教科書みたく正しいことばかり書いてあるとは限りませんので注意。
[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [202]  [201]  [200]  [199
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


世界の教科書シリーズ13『韓国の中学校歴史教科書 中学校国定国史』(明石書店)三橋広夫訳

という本を図書館で借りきて読んでいる。他にも、高校生向けの歴史教科書や朝鮮史関係の本をどっさり借りてきた。

おもしろい。

突っ込みどころが多い。この「突込みどころ」というのは、歴史事実がどうこうよりも編集方針のこと。日本に関する記述が、終始ネガティブで反日的。事実関係がたんたんと記述される日本の歴史教科書とは明らかに趣きが異なる。それだけでなく、自国を褒めたたえる表現が目立つ。
これでは、韓国人に反日精神と愛国精神が刷り込まれるのは無理もない。しかも、少なくとも中学生から教え込まれてる。

本を読み始めてすぐ気づいたのが、東海キャンペーン。朝鮮半島の地図が20個以上出てくるのだが、全て「東海」表記。日本海の併記はない。

それと、アレ?っと思ったのが、中国と日本への態度の違い。ある時代、清と日本が同じように朝鮮半島に人を派遣していたのだが、清には内政干渉という言葉を使い、日本へは侵略という言葉を使っている。清の方が朝鮮に対しより多くのことを行ったのにだ。
勝てない喧嘩はしない?日本になら強く出られるから?

朝鮮からは日本へも留学生や通信使がきているのだが、このおかげで日本の発展が進んだと自画自賛している。相当大きな影響力を及ぼした歴史イベントなら日本の教科書でもそう書かれるが、どう見てもささいな影響に過ぎない。

細かい内容は次回にするとして、これで韓国人がなぜあのような強硬な態度や行動をとるのかお分かりいただけただろうか?
市立図書館を2~3カ所回れば置いてあると思うので、読んでみることをおすすめする。

韓国の教育では、自国の歴史においていい悪いの評価をし、それを義務教育できっちりと叩き込んでる。
バイアスをかけている。
これは忘れないでおこう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/24 ハタ坊]
[05/24 ハタ坊]
[05/02 アクア]
[04/26 annonymous]
[04/25 ハタ坊]
最新TB
プロフィール
HN:
ハタ坊
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © ハタ坊の巣床 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]