忍者ブログ
ひとりごと メモ帳がわり スペイン語のレベルは中級レベル。 教科書みたく正しいことばかり書いてあるとは限りませんので注意。
[83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下の掲示板で、期間を意味する前置詞にporとparaのどっちを使うべきか質問があった。

forum.wordreference.com/showthread.php


"He vivido en los Estados Unidos [por o para] más que 25 años."

アメリカに25年以上住んでいますと言いたいのは分かる。
俺だったら、

He vivido en los Estados Unidos por más que/de 25 años.
He vivido en los Estados Unidos durante más que/de 25 años.

にするかなあ。
俺の中じゃ、期間の前置詞はporかduranteしかないんで。
paraにも期間を表わすというのをはじめて知った。

porが時の前置詞として用いられるのは
「~のあたりのいつか」というアバウトな時間指定と、
「~の間」という期間、
の2つがある。

paraが時の前置詞として用いられるのは
「~までに」という期限、猶予時間と、
「~の間」という期間、
「~分の」という数量単位、
の3つがある。

確かにどっちにも期間の用法があるな。
混乱を避けるために、なるべくdurante、せめてporを使うべきか。

Me voy para una semana. これ、
「一週間中には行きますよ。」って意味じゃなく、
「一週間留守にします。」って意味だって。
せめて、
Estaré ausente para una semana.
だったら分かるのに。
Me voyってどうみても一度限りの動作だろ。状態じゃない。

スペイン人の言うことには、
porよりduranteの方が格調高いとのこと。
これは日本語の助詞と同じだな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[05/24 ハタ坊]
[05/24 ハタ坊]
[05/02 アクア]
[04/26 annonymous]
[04/25 ハタ坊]
最新TB
プロフィール
HN:
ハタ坊
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © ハタ坊の巣床 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]