忍者ブログ
ひとりごと メモ帳がわり スペイン語のレベルは中級レベル。 教科書みたく正しいことばかり書いてあるとは限りませんので注意。
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本人にとっていまいち使いこなしにくい接続法。
実際の会話でもチャットでもいいけど、直接コミュニケーションの中で見聞きして確認したり、自分で使ってみないとものにならないと思う。


接続法現在の説明

直説法は、話し手が事実を客観的に表現する場合に使う。
接続法は、話し手の主観、不確実性、未来のことを表現する場合に使う。
ほとんどは接続詞の後で使用される。他にも独立文で使われる。



名詞節-目的語、主語として 


主節動詞が、感情、意思、否定、疑惑、可能性の場合。

主節の主語と目的語が同じの人場合、不定詞構文を使う。


sentir   感じる
temer   怖がる
alegrarse 嬉しく思う
gustar   好む
admirar   (肯定的に)驚く、感嘆する
sorprender (否定的に)驚く、ビックリする
asusutar  (否定的に)驚く、ビックリする
importar  重要である
bastar   (自)十分である

mandar  命令する   *分詞構文
decir (接) 命令する
exigir    要求する
pedir    頼む
rogar    頼み込む
desear   願う
querer   したい
preferir   の方を好む
esperar   望む
prohibir   禁止する  *分詞構文
aconsejar  助言する  *分詞構文
oponer   反対する
impedir   妨げる
permitir   許す    *分詞構文
dejar     させておく   *分詞構文
hacer    無理矢理させる  *分詞構文
insistir   こだわる

negar    拒む
no creer  思わない
no imaginar  思わない
dudar    疑う
no parecer のようではない

poder    可能性がある

soñar con  という夢を見る



名詞節-「Ser 形 que」 の主語として

形容詞が、感情、意思、疑惑、可能性の場合。またqueの内容を主節で否定されてる場合。

estraño
natural
major
necesario
posible
imposible
probable
cierto


名詞節-「名 de que」 の同格節として

名詞が、感情、意思、否定、疑惑、可能性の場合。

主節の主語と従属節の主語が同じの人場合、不定詞構文を使う。

miedo de
hora de
posiblilidad de
peligro de



形容詞節

que以下の内容が不明確、または、まだ起こってない事。un~
先行詞が否定語。nada, nadie, ninguno.
¿alguien? ¿alguno?









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/24 ハタ坊]
[05/24 ハタ坊]
[05/02 アクア]
[04/26 annonymous]
[04/25 ハタ坊]
最新TB
プロフィール
HN:
ハタ坊
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Copyright © ハタ坊の巣床 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]